LOVE&BEAT

PAIN /巧希beats


腕の中で見上げる大きな瞳から、一筋の涙が零れ落ちた。


「…ズルイよ…」


「……」


「今呼ぶなんてズルイ…っ」


震える声でオレを責める里緒を強く抱き締めた。


本当はあの日もこうしたかった…



0
  • しおりをはさむ
  • 1191
  • 979
/ 698ページ
このページを編集する