LOVE&BEAT


「おいしー!」


茉莉特製のハヤシライスを頬張りながら、しばしの休憩タイム。


夢中でスプーンを口に運びながら、玲に作ってあげたいな、あとでレシピ教えてもらおうなんて考えてニヤニヤしてたら、生温かい視線を感じた。


「お、おかわりしちゃおっかなっ」


「はいはい」


空になったお皿を手に立ち上がる茉莉に突っ込まれなくてホッとしていると、付けっぱなしだったテレビから聴き覚えのあるメロディが流れてきた。


キッチンでカチャカチャやってた茉莉の手が、一瞬止まる。


「ニュース観ていい?」


あたしの前に2杯目のハヤシライスを置いた後、さりげなくチャンネルを変えようとする茉莉に、「もう大丈夫だから」と笑顔で言った。

  • しおりをはさむ
  • 1192
  • 983
/ 698ページ
このページを編集する