神凪ぐ森で

雛子
歴史・時代 255ページ(連載中) 167961字 更新日 2019/02/11 読者 16923人 公開 0 0




風の調べにそっと瞼を閉じ、

囁く命の声に耳を傾け、めぐる季節を見送ろう。



この森のカミの声を、聞き届けるために。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 182
  • 739
このページを編集する