学年1位の彼。【完結】

学年1位の彼 /学年1位の彼は、



「おーい、佐倉ぁ!」

「なんすか」


一週間が経った。

意味も無く廊下を歩いていたとき、聞き慣れた声がして。

振り返れば担任が、気持ち悪いくらいにこにことしながら歩いてくる。


「なんすか、じゃねぇぞお前!俺が“なんすか”だ」

「だからなに」


異常なまでのテンションの高さに若干引きながら尋ねると、フッフッフッフと不気味に笑いながら紙切れを出してきた。



あ、今日はハッハッハッハじゃないのか。

いつもより、なんか悪そうな笑い。


なんてどうでもいいことを考えながら、その紙切れに目を移す。



「お前、もう先生嬉しすぎて家で踊ったぞ」

一人で踊ったの?

この中年親父が?

………それはなかなかきつい。

想像すると、堪えきれずに唸りそうになる。


けれど。

「ほら、96点!」

その言葉に、ハッとしてその紙切れに視線を戻すと、見たこともないほど赤丸がいっぱいある。


右上に大きく96の文字。

そして隣には、たしかに“佐倉杏珠”の名前があった。



0
  • しおりをはさむ
  • 355
  • 546
/ 47ページ
このページを編集する