45度の華






夢の国を出た私は、
夢だった田舎に行く事にした。







久々に戻ったキャバクラで
店長が喜んで出迎えてくれた。


ここから離れる事を伝えるのは
気持ちが引けた。


だけど私の決断に


「お前凄いな」

と背中を押してくれた。






家に戻ると
なんだか狭く感じた。




新しく住む場所はどうしよう。



考えても思いつかず、
ただ頭の中を広がるのは


桜介さんと見た福井の景色だった。




あそこもう一度見て見たい。


0
  • しおりをはさむ
  • 23
  • 28
/ 246ページ
このページを編集する