45度の華





「なんでそんなこと言うの?」

「…」

「一希はこんなに素敵なのに」

「…そんなっ」

「気づいてないだけだよ」

「…」

「それに、誰かと一緒に服選んだり買い物するの久々で楽しいんだよね」

「え?」

桜介さんははにかむように笑った。


「だからそんなこと言わずにこれからもつきあってよ」

「…っ!」


私に気を遣わせないように言ってるのは
わかってるけど


桜介さんの言葉が本当に優しくて…
嬉しくなって胸がキュンとして…




これも仕事なのに、
私たちの関係はただの契約なのに…





まだ出会ってそんなに時間も経っていないのに…










どうしてこんなにも

惹かれてしまうの?






0
  • しおりをはさむ
  • 22
  • 28
/ 246ページ
このページを編集する