アナタの羽ばたきが世界を救う。

アナタの羽ばたきは世界を救う。序章 /アリス

研究者達は、別の世界のafter thet 96年の意思を受け継ぎ、自分達を納得させる事から作業は始まった
別の世界の自分達もやってきた事だ
だから世界は変えられる
世界は救われると信じる事にした

しかし269回目のafter thet 96年は少し違った
ピュロスが提示した不変な過去

2000年7月20日に死ぬ、甲塚陽介を生かす

そこに向かう人材は、研究者の中から選ばれたのでは無かった
選ばれたのは、ロバートの娘、アリス・ディアスだった
ロバートはafter thetでは珍しい日本人との間に子供をもうけていた
容姿は日本人に近く、色白で美しい少女だ
ピュロスはその子を、過去に向かわせて、甲塚陽介命を守れと言うのだ

しかし
しかしだ
アリスはまだ子供、確かに既に大学を卒業している

死ぬ男の子を助ける為に過去へ向かわせる
それは失敗すれば、何度も男の子の死体を見る事になるだろう

アリスには、心の闇があった

過去の戦争のせいで人口は激減していて、人々は密集して暮らし、街を作っていた
その人口密度は、どの街も現在の名古屋市ほどで、大きな川に面する事が多い

after thet 90年
アリスの住んでいた街は、竜巻により多大な被害を受けた
10歳のアリスは竜巻に巻き込まれるも、運良く大きく頑丈な建物同士の間に居た為、竜巻の暴風に巻き込まれなかった
しかし一緒に居た友人達は、断末魔とも呼べる叫び声をあげ、黒い風に連れ拐われる
そして建物の間から這い出たアリスが見た物は、想像を絶する光景だった

全てが破壊された世界

アリスも戦後の子供だ
語られ、読んで、見て知っていた
それはやはり想像でしかなく、写真で死体を見ていても、現実として受け止めていても、目の前広がる光景、想像とは違っていたとしか言えなかった
至る所で建物、家畜、人が破壊されていた
ある者は飛んで来た瓦礫潰され、ある者は風に舞い上げられ何十メートルも上空から地面に叩きつけられ、ある者は泣きながら死体のそばから離れられないでいた

自分は運が良かった
いや自分は生かされたんだ
友達や他の人には無かった未来を与えられた

アリスはそう思い、子供っぽさを失い、心を閉じ込め、学業やスポーツに打ち込んだ

死んだ友達は、努力も出来ない
何も成す事が出来ない
生きている私が、弱音をはくわけにはいかない
強く、前を向いて生きなければ…と

ロバートとって嬉しい半面、寂しくもあった
一見優秀な我が子は、自分の感情を殺してまで生きている

もし死ぬ運命にある少年助ける為に過去へ行ってくれと言えば、応じるだろう

しかし変えられない運命だったら
アリスの心は、もっと深い闇に落ちてしまうのではないか

アリスに耐える事が出来るだろうか

ロバートは、悩みに悩みアリスに任務を伝える

  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 126ページ
このページを編集する