アナタの羽ばたきが世界を救う。

屋烏之愛 /登校

一目惚れってあるだろうか?
絶世の美女
スーパーモデル
ハリウッドスター
プロのスポーツ選手
アイドル

いや街で一番のイケメン程度でも

どれも一瞬で心を引かれてしまう異性ではあるかもしれない
けど、目の前に現れても、まるで別次元の世界の住人のように距離をおいてしまうものじゃないかな?
気づいたら好きになっていた
顔も悪くはないけど、良くもない
意地悪もされるし、よくからかわれるし
なんでかわからないけど、心が引かれて

好きになってた

そういう事の方が多いよね

もっと大人になれば、出会ってすぐに燃え上がるような……はぁ……私…朝からエッチだ…

今日は2000年 7月20日 木曜日
眠い目を擦りながら朝のニュース番組を見ると女性アナウンサーが笑顔で関東地方の天気予報を読んでいる
「今日は1日、快晴でしょう。熱中症にお気をつけ下さい」
今日も30℃を越えて暑くなる
日焼け対策をちゃんとしないと、小麦色の女子高生の出来上がりだ
ギャル系の子には、日焼けサロンに行かなくても、こんがり焼けてお得かもしれない

「いってきまーす」
誰もいない部屋に挨拶をして、鍵を閉める
外に出る頃にはもう蒸し暑く予報以上の天気になるかもしれない
太ったサラリーマンは流れる汗を手拭いで拭き
犬も猫もすでに日陰でぐったりとして
日傘をさしているお婆さんなんか、全然前に進んでない
本当に嫌になる暑さ
でも私の歩みは風のように軽やかで、学校に行くというだけで、暑さも感じる暇もなくウキウキが止まらない
明後日から夏休み
夏休み中は会えなくなっちゃう
だから夏休みになる前にもっと仲良くなって、夏休み一緒に遊べるくらい………二人っきりで遊べるくらい
そしたら海に…ううん、近くのプールでもいいから一緒に行きたい。昨日見た怖い番組なんかを二人で一緒に見たり、浴衣を着て花火を見に行ったり、キャンプに行ったり……そして……

「こんな暑い日に、ニヤニヤしながら歩いて」
突然の声に妄想の世界から現実に引き戻されると、目の前いっぱいに大きな瞳が現れる
「か!!夏蓮!!?」
「ボーーーーーっと歩いてると思ったら、どんどん顔がニヤついていってたよ、なんか良いことでもあった?」
「ううん、そうじゃなくて……ははは」
「どうせ、泪の事だからエッチな妄想でもしてたんでしょうけど」
「人を発情期みたい言ってー」
「みたいじゃなくて、そうでしょ」
「ぶー」
この子は、友達の花屋敷 夏蓮(はなやしき かれん)、田舎から街の高校に出て独り暮らしをしている私に、この街の事や身の回りの世話までしてくれるクラス委員やってる頼れる友人
あっ私の名前は、眞藤 泪(しんどう るい)
泪(なみだ)と書いて、泪(るい)って読む
生まれた時、産婦人科の先生も驚くくらいに泣いていた私は、そう名付けられた
本当にそうかは信じられない
でもお父さん私の顔を見て、予定していた名前をやめて、るいが良いと思い泪を当てたとも言ってたけど

  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 126ページ
このページを編集する