アナタの羽ばたきが世界を救う。

一樹乃陰 /運命って

HRも終わり
教室を見渡すと千早が甲塚くんは話をしている
その状況を怪訝な顔で見ている崇
「あー葉子がどこに行ったか知らないか聞いてるみたいだよ。3時限目休みに崇と話す前に、花屋敷さんにも聞いてみたんだよ」
僕は葉子と口しているつもりなんだけど、言い慣れていないのと、頭の中には妖狐って変換してしまい、恐怖を感じる
「で?」
と変な間が気になったのか、僕が葉子っていったのを察知したのか、崇は少し変な間で答える
「菖蒲さんは保健室に行くって言ってたけど、葉子は知らないって」
「そうなんだ」
「もちろん眞藤さんにHRの前に聞いてたよ。崇は何かに夢中だったから、眞藤さんと話そびれちゃったね」
僕の不自然さを取り繕う為、少しふざける
「そうだな……で、菖蒲は保健室なんだろ?」
崇は乗らずに淡々とまるで操られているように話す
「先に戻ったらしいよ」
「なんだよアイツ、授業サボったんじゃんか」
「菖蒲さんは成績優秀だから、大丈夫でしょ」

「ごめん、先に帰ってて」
千早がそう言って教室から出る
甲塚くんを追って出ていったみたい
僕も追いたい
一番に命を狙われるのは、甲塚くんかもしれないんだ
「じゃあ帰る?」
と、話を切り出す
「悪い、俺も用事があるから」
崇は曇った表情のまま答える
「えーーそうなの?じゃあ千早待ってようかな」
千早と一緒に甲塚くんと話せるなら、好都合だ
謎を解くきっかけになるかもしれない
「悪いな、剛志」
崇は足早に教室から出る
それを見送ると、僕も千早と甲塚くんを追って教室を後にする

教室から出ても千早と甲塚くんはすぐには見つける事が出来なかった
二人が行きそうな場所って言うのが想像出来ない
今日は休んでいる部活も多く放課後の校内は人が少なかった
「千早の行きそうな場所」
教室には鞄が置いてあった。校外に出ることは考えにくい
目撃者を探そうにも、こんなに人が居ないんじゃ……そうか
部活が休みなのは、僕ら柔道部も同じだ
体育館の奥にある武道場なら、人も来なくて甲塚くんに気を使って千早が選びそうな場所だ
行ってみる価値はある

体育館から武道場に入る入り口の所で、甲塚くんが武道場側からやってくる
「あっ甲塚くん」
その表情は固く、僕に見向きもしない
千早もその後ろに居るって思ってたけど、全然現れない
そうこうしていると甲塚くんはもう視界からいなくなっている

………あ………ん…………ん………

うめき声が聞こえる
千早?
僕は声に引き寄せられ、道場に入る
「千早!!!!!」
自分の目を疑った
頭から血を流して千早が倒れている
「千早!!!」
脳震盪でも起こしているのか、千早は意識が朦朧としている
「誰が!……甲塚か!!!」
頭の傷を見る
深くないし、少し切れているだけ、傷は致命傷ではないみたい
「保健室!!」
千早を抱き抱え、傷を手で押さえながら、体育館の向かいにある保健室に千早を連れていく

  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 126ページ
このページを編集する