アナタの羽ばたきが世界を救う。

あとがき

半年にかかって書き終えました

「アナタの羽ばたきが世界を救う。」

読んでもらった方、あとがきから読んでいる方どうも、軍手です

今まではガンダムの軍手オリジナルの話を書くことが多かったですが、1つの話を多角的見てジャンルが変わる話を書いてみたいなと思い、書いてみました
なにぶん文才と学が無いんで、行動や感情を書いているだけの文章になっているかと思います

最初は恋愛物から始まって、気づいたらSFまでジャンルが変わっているという、ちょっとぶっ飛んだ風にしたかったです

「告白」
湊かなえ

「ひぐらしのなく頃に」
竜騎士07(07thExpansion)

「関章夫の都市伝説」
関章夫

の影響はあると思います

僕はGUNDAM CHORAL(2000~)でも、未来を知っている人の危険回避する話を書いているので、そんな話が元々好きではあります

なぜ多角的に見てジャンルが変わる話をやりたかったかというと
僕は子供の頃から、動物の番組が好きなんですけど
お腹を空かせて、子育てをしているライオンが他の動物を襲う話があったのですが
ライオン目線の回は、獲物が取れて喜ぶのに
獲物目線だと、可哀想っていう番組の構成が、不思議に思えてました
他には、探偵物や刑事物の推理する側から見れば、それはサスペンスであり、ミステリーなんでしょうけど
犯人側から見れば、スプラッタホラーやサイコパスでR指定です
某「体は子供、頭脳は大人」のアニメは、ほぼ毎週人を殺しておいて、20周年
他のアニメで殺人者側からの目線で描かれ、似た事件があれば放送禁止

罰ゲームで、五人が一人の人間を攻撃したらイジメ
戦隊が、五人で一人の怪人を攻撃したら正義

人と同化した宇宙人が、怪獣を倒すのは正義
怪獣や他の宇宙人が、人と同化、または操るのは許されない

僕は不思議です

目線でジャンルは変わるのは、僕が書くまでもない事なのかもしれません



話を通して伝えたかった事があるとするなら、最後の菖蒲綾女の弁論です
もちろんあれだけ読んでも意味は通じると思いますが、眞藤泪の話から菖蒲綾女の話までを読んでから読むと、やっぱり意味は違ってくると思います

簡単にいうと


いつやるの!?
今でしょ!!!

(笑)


病気でいつやってくるかもわからない死と戦いながら、走り続けた友人

突然の不幸で亡くなった友人

自分から死を選んだ友人

が、僕には居ます


もちろん彼らが考えていた事は、想像は出来ますが、本人ではないので、実際どうかはわかりません

1つの出来事が、みんな同じ感想、見方とは限らない

だからもし、生きていく事で、窮屈な思いをしているのなら、読んでもらいたいかなと思ってます


駄文失礼しました

ここまで読んでくれた方
これから読んでくれる方(笑)

ありがとうございます

軍手でした

アナタの羽ばたきが世界を救う。

更新開始
2015/09/08
更新終了日
2019/02/19
軍手
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    ロック中
    ロック中
    ロック中
    ロック中
    • 5
    • 0
    このページを編集する