龍のナミダ Ⅰ 【完】

新しい生活 /初登校

※※ 綺羅Side ※※


いよいよ今日は紗羅の入学式。



「親父のヤツ、いたら大泣きしてただろうな。」



その姿を想像し、ククッと笑いが漏れる。



生憎、聖城高等学園は入学式と始業式が合同で行われるために体育館のスペースがなく、親達は出席出来ない。



要はセンコー共が面倒臭いから一気にやっちまおうって事らしい。



ここらではチョット有名な私立高校で、

真面目な秀才クンから、

血の気の多いやんちゃクンまで

幅広く在籍している、何とも厄介な学校だ。



自主性を重んじるとかで
校則がかなりユルイ所が
気に入っていたりするが。




…おっと!


そろそろ時間だ。





0
  • しおりをはさむ
  • 62
  • 125
/ 281ページ
このページを編集する