龍のナミダ Ⅲ 【未完】

※※ 綺羅 side ※※



“サヨナラ”をさせないと息巻いてみたものの



具体的にいい案なんて浮かばない



紗羅は昔から頭の回転が早く、要領も良かった



だからチェスやオセロを初め、バカラやポーカーだって勝てた事は無い。



そんな彼女を出し抜く事など、不可能に近い。




…怖かったんだ。


俺を探していた時に出会ったのが、神風で。


俺がthirDRAGONに入ったって言ったら、批難されるかも知れないと思った。


そして紗羅は奏の元に行って、敵の俺から離れていくと思った。


言わなければ、知られなければ、このまま仲良くやっていけると思っていた。







0
  • しおりをはさむ
  • 26
  • 38
/ 257ページ
このページを編集する