龍のナミダ Ⅲ 【完】

『じゃぁ誰に相談すればいいの…?』


「………」


『………』


イラッ!
「あ"~!なにっ!?」

結局、いつも折れるのは來なのだ。




『…ねぇ、どうしたらいいと思う?』


「何が?!」


『だーかーらー…』


「何?何について悩んでんの?!

あの王龍が、皆の前で交際を許可して欲しいって頭下げた事?

それとも、公開告白されて小っ恥ずかしい思いした事?

君の事が好きで好きで堪らない!嗚呼どうしたらいいんだ!?紗羅!好きだ!愛してる!」


『そんな事ひと言も言ってないでしょ!』


「似たようなもんじゃん。うじうじうじうじして。
ハッキリしないからイラつく。ねぇ、陸。」

バッサリと切り捨てなくてもいいじゃん。



「あ?俺は別に…」

急に話を振られて戸惑う陸。







0
  • しおりをはさむ
  • 35
  • 120
/ 309ページ
このページを編集する