Rhapsody in Love ~幸せの在処~




 静けさの中に、放課後の学校の息吹が響いてくる。

 小会議室の前を小走りで通り抜けていく生徒たちの足音。
 遠くから聞こえてくる部活に勤しむ生徒たちの声。
 事務室から鳴り響いてくる電話の音。


 ここで、ぐずぐずしてはいられない。職員室には、仕事が山ほど残っている。


 ようやく気持ちを落ち着けたみのりが立ち上がった時、再び石原が小会議室へと入ってきた。
ドキッと心臓が跳ね上がり、みのりは胸元のブラウスを掴んで息を呑む。

 しかし、石原はそんなみのりの方へは視線を向けず、ただ長机の上に小会議室の鍵を置くと、きびすを返した。


「石原先生…!」


 ドアを開けて出て行こうとする石原に、みのりは思わず声をかけた。
 ドアノブを回しかけた石原の動きが、ピクリと止まる。


「……ごめんなさい……。」


 そのみのりの「ごめんなさい」には、いろんな意味が込められていた。

 石原はその言葉をじっと聞いて、そして足元に落ちていたみのりのブラウスのボタンを拾い上げる。


「…俺の方こそ、すまなかった……。」


 石原はみのりに向き直って、手にあるボタンを差し出した。
 みのりは手のひらを広げて、それを受け取る。

 そのボタンをじっと見つめて、みのりがまだそこから目を離さない内に……、
石原はそこからそっと立ち去った。








  • しおりをはさむ
  • 3265
  • 5140
/ 657ページ
このページを編集する