Rhapsody in Love ~幸せの在処~

第2章 幸せの在処 /17 3人の男…




 寒風が吹きすさぶ2月のグラウンドの脇で、みのりはあまりの寒さに座ることもできずに立ちすくんでいた。

 どんよりとした曇り空からはちらほらと雪が落ちはじめ、ダウンのコートとムートンのブーツで完全防備の隙間から、寒さが忍び込んでくる。
 ここに来てまだ30分も経っていないのに、もう既に足の先がジンジンしてきた。



  ピィ――――――……!!



 冷たい空気に、ホイッスルが鳴り渡る。
 それと同時に、寒さなど物ともしない熱い戦いが始まった。


 自分の息で白くけぶる視界の中で、みのりが見つめるのは――、

 遼太郎ではなく俊次の姿。


 「試合に出る時には、必ず応援に行く」という俊次との約束通り、みのりはこの寒さを押して、いつもの野田原競技場へとやって来ていた。

 今日は、3年生が引退をしてから初めての公式戦である新人戦だ。


 同じラグビーというスポーツをし、同じ親から生まれた兄弟なのに、遼太郎と俊次のプレースタイルはまるで違う。

 俊次はその長身を生かしてか、フォワードのロックというポジションに起用されていた。
 スクラムではその真ん中でとにかく力を振り絞り、ラインアウトではジャンパーとしてボールを取る。そして、ラックやモールができるとどこからでも飛んできて、その密集の中に体当たりで突っ込んでいった。



0
  • しおりをはさむ
  • 3265
  • 5123
/ 657ページ
このページを編集する