Rhapsody in Love ~幸せの在処~

第2章 幸せの在処 /18 祇園祭の夜



 また春がやって来て、吉田高校はまた同じ景色に包まれる。

 この暖かくのどかな空気も、明るく青い空も、切ないほどの桜吹雪も…、あの春と何も変わらないのに、2年が過ぎた……。


 もう2年?それとも、まだ2年…?

 この先一生、この想いを抱えて生きていかなければならないのなら、「まだ2年」と言うべきかもしれない。


 2年も経てばその想いも風化していき、懐かしく思い出せるようにもなってもいい頃なのに…。
 普通の恋なら、今頃きっとそうなっているだろう。


 …でも、この想いを自覚するのにも、みのりは相当の勇気を要した。この想いを声に出して表現する時には、相当の覚悟をした。

 だからこそ、忘れ去るどころか、そう簡単に思い出にもなってくれない。


 現に今、みのりの目の前には、遼太郎の弟の俊次がいる。

 この春から、みのりが担任する2年9組の教室の一席に、彼は毎日座ることになった。
 しかも、日本史を選択しているので、週に3回ほど授業でも顔を合わせる。


 同じ両親の血を分けているとはいえ、体つきといい顔つきといい、彼はあまり遼太郎とは似ていない。

 それでも彼を見るたびに、みのりはどうしてもその面影の中に遼太郎を探してしまう。


0
  • しおりをはさむ
  • 3265
  • 5123
/ 657ページ
このページを編集する