Rhapsody in Love ~幸せの在処~

第2章 幸せの在処 /22 再会の日



「仲松先生、忙しいところを申し訳ないんだが、この研究会に出席してきてくれないかな?」


 地理歴史科主任の吉成先生からそう持ちかけられたのは、九月になったばかりの頃だった。


「これ、僕が行く予定にしていたんだけど、高文連の会議が入ってしまってね。僕は新聞部の方の責任者だから欠席するわけにはいかなくて。三年部の先生には、この時期頼めないしね。仲松先生にお願いしたいんだ。」


 たしかに、この9月は三年部は指定校推薦の業務で、休みがないほど忙しいのは、みのりも十分知っている。吉成先生にそう言って懇願されながら、渡された書類に目を落としてみると、研究会の場所は“東京”だった。


「もちろん出張扱いになるから、旅費も出るよ。」


「………。」


 考え込むみのりに、吉成先生は“その気がない”と判断したらしい。肩をすくめて、みのりから書類を受け取って背を向ける。


「しょうがない。せっかく申し込んでたんだけど、この研究会は欠席するって連絡を入れるよ」


「……待ってください!!」


 とっさに、みのりはそう言って呼び止めていた。ニッコリと吉成先生は笑って振り返ると、もう一度その書類をみのりに渡してくれた。


「仲松先生が行くことになったって、僕の方から連絡しておくね」


 吉成先生はそう言ってくれていたが、それはみのりの耳には既に入っていなかった。ただ書類を見つめたまま、ドキンドキンと胸が激しく鼓動を打っていた。


  • しおりをはさむ
  • 3265
  • 5140
/ 657ページ
このページを編集する