彼がメガネを外したら…。【完】《続編更新終了しました!》

彼がメガネを外したら…。 /デート…のようなもの



「さあ、早速調査に向かうぞ。ぐずぐずしていると、今日中に見つけ出せないかもしれない。……それとも……」


史明は車の中からカメラなどを携帯しながら、言葉を途切れさせた。


「君はヘビが嫌なら、ここで待ってるか?」


「……とんでもありません!一緒に行くに決まってます!!」


これは、史明なりの気遣いなのかもしれないが、絵里花は即座に否定した。

せっかく〝二人っきり〟でいられる(収蔵庫の中でも二人っきりだけど)貴重な機会なのに、独りで待ちぼうけなんて本当にとんでもなかった。


『また、ヘビがいたって、岩城くんに抱きつけるからいいじゃない』


先ほどの晶の言葉を思い出して、絵里花はほくそ笑んだ。

先ほど、史明に抱きついたときの感覚が、絵里花の中でくすぶっている。見た目よりも逞しい骨格。思いがけないほどの温かさ……。


――……だって、これは〝デート〟のようなもの……だもん。


絵里花は、これから二人で行動を共にできることを機に、二人の仲が進展することに胸を膨らませていた。


そんな絵里花の思考に水を差すように、史明がぽつりと言葉をこぼす。


「ヘビだけじゃなくて、ヤマビルなんかもいるかもな……」

「ヤマビル……って?」


車の中からリュックサックを持ち出して、背負いながら絵里花が首をかしげる。

0
  • しおりをはさむ
  • 1059
  • 5010
/ 152ページ
このページを編集する