鈍色の空【完】

prologue








それは決して、特別な恋じゃなかった。





どこにでもある、幼い恋だった。









0
  • しおりをはさむ
  • 6814
  • 4511
/ 409ページ
このページを編集する