鈍色の空【完】

第2章







「あら、そのバッグ可愛いわね」





1時間ほどの残業を終えて帰り支度をしていると、後方から三上さんがひょいっと覗き込んできた。




「あ・・・えっと、昨日もらったんです」


「誕生日に木嶋さんに?」


「はい」




私はプレゼントに限らず自分で購入したものでも、なんとなくすぐには使えずにしまい込んでしまうタイプの人間だった。


それを知っている希和は今朝、出勤鞄として使うよう強引に荷物を入れ替えたのだ。


そうでもしないとまた長い間眠らせることになっただろうから、良かったのかもしれない。



初使用で気付くなんて、さすが三上さんは目敏いなぁ。




「あっ、これ!・・・・へぇ、ここを突いてくるとはやるわねぇ。容姿だけじゃなくってセンスまでいいなんてね」



まじまじとバッグを見つめていた三上さんが、内側にさり気なく刻まれたブランドネームに気付き、息を漏らした。


希和がくれたバッグは名の知れたハイブランドではないが、少し海外のブランドに詳しい人間なら知っているであろうイタリアブランドのものだった。


ファッションにはいつも気を抜かない三上さんは当然知っていたのだ。




「これ、けっこう高いのよねー」



普段にも使いやすくシンプルなデザインのレザーのトートバッグ。

全体がベージュカラーで、底と持ち手部分のみブラックのバイカラーになっていて、それがすごく可愛いくて私も好みだ。






「だけど、そっか。・・・バッグか」




ちらりと私に視線を流す。




「29歳の誕生日に、バッグか」




・・・・そんなに2回も繰り返さなくたっていいのに。

0
  • しおりをはさむ
  • 6814
  • 4511
/ 409ページ
このページを編集する