Honey, so sweet‼ ⑤

12



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆








『ねーー、ピアノほしい!ピアノかってよ、ねー、おかあさーーん!!』





私は、ピアノを始めたのが遅かった。

本格的にお教室に通えるようになったのは、小学校二年生に進級する頃だったか……

 
ねだってねだって、粘りに粘って、やっと、ピアノを習いにいかせてもらえた。


悲しきかな。スタートダッシュから相当な遅れをとっていた、というわけだ。



交渉が成立した、あの日の事を、私はいまでもたまに思い出す。





  • しおりをはさむ
  • 498
  • 564
/ 653ページ
このページを編集する