ぶきっちょ狼{しっと☆[完]→続編追加中

★Baby!Please kiss me★『彼女No.99』&『ぶきっちょ狼』Wデート編 /こんなにも心が弾むのは、恋してるからに違いなくて /夏樹side


甘そうなヤツだと思った。

降り注ぐ小春の雫を店内に連れてきたと思えば、それを瞬時に撒き散らす。


『ネコ耳王子』だとからかわれても。
写真が出回ってるといわれても。


平然としてるコイツは、外見とは似合わない子供っぽい飲み物を頼んで満足気に笑う。



それでも俺が志穂と出かけれるチャンスをくれたのはコイツのお陰。


『ファミレスに居るから来い』


相変わらず優しさの欠片もないメールだと思いながら送る文面に、


『すぐ行くね!』


弾むような文字が返って来た事に、うれしさを隠せない。

0
  • しおりをはさむ
  • 4867
  • 770
/ 561ページ
このページを編集する