ぶきっちょ狼{しっと☆[完]→続編追加中

★Baby!Please kiss me★『彼女No.99』&『ぶきっちょ狼』Wデート編 /自分に無いものを求める事と、君を求める事は正比例 /光side

面白くない事態になっている。


「きれい」


鈴ちゃんがうっとりと見つめる先は1匹の黒豹。

確かに毛艶もいいし、顔も美麗。
客を誘うように優雅に体をしならせ、瞳をねっとりと彷徨わせている。


「そろそろ行かないと・・・」

「うん」

「ナツ達待ってるよ?」

「・・・うん」


本当に面白くない。


鈴ちゃんが俺以外の何かに、こういう視線を向けているのを見るのは初めてで、その相手は人間じゃないとわかっていても。


「3秒以内にこっち向いてくれないと泣く!」

「えっ!?」


凄く。非常に。途轍もなく面白くない。

0
  • しおりをはさむ
  • 4870
  • 774
/ 561ページ
このページを編集する