高子様は知っている〜伊勢物語外伝〜

来栖芹
恋愛 7ページ(連載中) 2946字 更新日 2018/12/29 読者 176人 公開 0 0








【『高子様』と「業平」】



「高子様、俺と恋仲になりませんか?」


『あら、何を言うの業平さま。貴方はお兄様ととっても仲良しではありませんか』


「アハハ……は?」


『うふふふふふ』







【《お兄様》と「業平」】


《業平っ!!貴様、また高子の周りをうろちょろとしやがって!高子は将来帝の妃になる女だぞ?!》

「……お兄さん、最近高子様がおかしい。俺と貴方をくっ付けたがる…」

《……は?》

「まぁ、俺はどっちでもいけるけど」

《は??》





【『高子様』と[帝]】


『最近、お兄様と業平さまとの距離が近い気がしますの。あれはもうイくところまでイッてますよね!?』

[そう…だね?うん、]


『フフンッ、私は知っているんですから!!』







*歴史と異なる部分があります。
*伊勢物語を題材にしています
*古語表現を現代語に自動翻訳しています。


*BL、腐女子が苦手な方はUターンをお願いします。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 2
  • 61
このページを編集する