雨ふり少女と星の王様

寵愛








いつのまにか、カナの家で眠ってしまったらしい。



…………っっ


目を覚ますと、カナが私の顔を覗き込んでいた。



「起きたか…。」


「………ん、……あう。」


眠い目を擦る私の頭をカナが撫でる。


「食べたら行くぞ。」



ーーやっと頭が覚醒してきた。















  • しおりをはさむ
  • 87
  • 76
/ 419ページ
このページを編集する