雨ふり少女と星の王様

遠い日








私の地元へ向かう車の中。


私が地元に帰省すると言いだしたのは、昨日の午後 ー銀河に改めて紹介してもらった後ー だった。




「私、明日から何日か実家に戻る予定にしてるんだけど………。」


突然予定を告げた私に、



「お前、急にバカなんじゃねぇの!?」とマサ。


「菜美ちゃん!いきなりだね!」驚くリツ。


「菜美ちゃん?予定は、決まってたらなるべく早く教えてもらえた方が助かるんだけど…」少し呆れた直斗さん。


カナは、舌打ちをしただけ。
















  • しおりをはさむ
  • 87
  • 76
/ 419ページ
このページを編集する