lapis lazuli I

第1章 /倉庫





少し道案内をしてもらいつつ


男の言った場所に辿り着いたが


『ここって、、、、倉庫よね??』



なんでこんなところが治療出来るなんて言ったのかな ?



横目で男を見た



怪我をしているのに無理にバイクから降りて歩き出そうとする男



あぁっ、危ない人だな



なんて思いながらも男の腕を私の方に回して
倉庫のシャッターをノックする




そんな私を見てか、何故かわからないけど男が少し笑ったのは見逃さなかった




男から目の前のシャッターに目を移すとちょうど中から話し声が聞こえてきて


シャッターが開いた



開いた瞬間



目を疑うような光景が広がっていた



0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 1
/ 77ページ
このページを編集する