シンデレラ・スキャンダル 【完】

魔法がとけて



  *





「……の……やの。起きないな。綾乃?」



遠くで聞こえていた声がはっきりと聞こえてきて、その声に導かれるように、ゆっくりと目を開けた。


目の前には夢の中にも現れていた人がいて、同じように笑っている。

0
  • しおりをはさむ
  • 383
  • 3740
/ 646ページ
このページを編集する