シンデレラ・スキャンダル 【完】

前を向いて



ふと目を覚ますと、私はいつの間にかベッドの上で再び龍介さんの腕の中にいた。


動こうと身じろぎした瞬間、龍介さんの腕によってさっきは触れることのできなかった胸に引き寄せられる。


もう条件反射みたいなもので、龍介さんに抱き締められると息を深く吸い込んでその香りを確かめてしまう。


だって、龍介さんっていい匂いがするの。


半分寝た頭のまま頬をすり寄せれば、素肌が気持ちいい。

0
  • しおりをはさむ
  • 381
  • 3739
/ 646ページ
このページを編集する