シンデレラ・スキャンダル 【完】

マイ・シンデレラ・ガール



会場からは音が漏れ聞こえるほどに鳴り響き、建物全体が揺れているようだ。


ドレスアップを命じられた秘書のメンバーは、定時より三時間も早く会社を出て、用意されたスタジオに入り、メイクを施され、スタイリストに指示されるままに用意されたドレスに身を包んだ。


ディアブロ社が用意したのは、体のラインが出るようにデザインされたブラックのドレスに、会社にいるときと同じ十センチのピンヒール。


セクハラだなんだって言われる世の中でもあるけれど、そうじゃない会社の秘書もいるだろうけれど、この会社の秘書は美しくいることも仕事の一つらしい。


上品で華やかであることは秘書の最低条件。

0
  • しおりをはさむ
  • 380
  • 3735
/ 646ページ
このページを編集する