シークレット ブレス 【完】

第3幕 /先輩の秘密



マイナスなイメージだったものが、実はそんなに酷くないとわかった時の、あのものすごい大逆転感。


マイナス評価からのスタートってハンパない。


それは恋愛にも通じることらしい。



ぶっきらぼうで感じが悪い伊吹先輩の、ほんの少しの優しさを垣間見ただけで。


攻撃的なトランペットの音だけじゃなく、あんな優しく美しい音も出すんだってわかっただけで。


いつもクールで無関心、おまけに無表情か不機嫌そうな顔だった先輩の、意地悪な微笑みを見てしまっただけで。


私のドキドキは止まってくれない。


これ、ギャップ萌えってやつですか!?


そんな伊吹先輩と「お昼休みの秘密」を共有しちゃってる。


そんな事実が、さらにドキドキを加速させる。


私がこんなにドキドキしてるなんて、いまさら誰にも言えない!

0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 1267
/ 253ページ
このページを編集する