シークレット ブレス 【完】

第4幕 /選抜メンバーオーディション

「オーディションまであと1週間かー」


「なんか、みんなピリピリしてて、部内の雰囲気悪いよね~」




部活帰りに歩きながら、さっこと加代ちゃんは呑気にそんなことを言っている。


「さくら、昼休みも自主練しに行ってるんでしょ?」


「うん、まぁ」


「頑張るねー! 尊敬する!」


「けっこう人来てる?」


「入れ替わり立ち代りだけど、いつも10人くらいは来てるかな」


思った以上にみんな頑張っていて、場所の確保がけっこう大変な程だった。


そういえば、さっこと加代ちゃんは一度も来たことがないな。


「二人とも、バッチリなの?」


「ぜんぜん~。相変わらず伊吹先輩は全く指導してくれないし」


「パーカッションは、一人で何種類も楽器を掛け持ちしないといけないから、いつも大混乱で……。私、かなりやばいよ」


二人とも珍しくテンションが低い。


確かに、最近は部活内がなんとなくピリピリしてる。


でも仕方ないよね。

オーディション1週間前だもん。


私だってピリピリしちゃう。



0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 1267
/ 253ページ
このページを編集する