シークレット ブレス 【完】

終幕



コンクール会場を後にした私たちは、学校に戻ってきた。


音楽室に楽器を搬入し終え、解散となった。



音楽室を出ると、さっこと加代ちゃんが駆け寄ってくる。


「お疲れ様~~~!」


「感動したね~~! 頑張って本当に良かった」


2人の笑顔に、私も満面の笑みで応えた。




「さ、帰ろう! 」



長いようであっという間だった一日を振り返りながら、いつも通り3人で校門を抜けたところで……。



さっこが急に足を止めた。


そこに、よそ見をしながら歩いていた加代ちゃんが見事にぶつかる。


この2人は、本当にコントみたい。


笑いながらさっこの視線の先をたどると……。


「遅ぇよ」



校門の横には、なんと。


伊吹先輩が立っていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 1267
/ 253ページ
このページを編集する