シークレット ブレス 【完】

第2幕 /王子様との秘密


それから数日経っても、私はクラスからハブかれたままだった。


よくよく観察すると、クラスメイト全員があの掲示板を見ているわけではなさそうで、主にクラスの中心的なグループの人たちがコソコソ言ってるようだ。


でも、ずっと私と一緒に行動していた内藤さんは、今はその中心的なグループの人たちと行動を共にしている。


これは内藤さんが仕掛けたことなの?


もしそうなら、どうして?


私が、楽器が決まる前にフルートを買ったことを、内藤さんに打ち明けなかったから?


もしそうなら……私にも非はある。


だけど、こんなやり方をされたら理由すら説明できない。


誤解があるかもしれないのに、話し合うこともできなくて歯がゆくい。



でもどうすることもできずに、私はクラスで孤立したままだった。




0
  • しおりをはさむ
  • 93
  • 1268
/ 253ページ
このページを編集する