teddy bear

「ありがとう…」


成也はそう言って優しく晴奈の頭をなでてくれた








『ほら~っ!!何しんみりしちゃってんの~!!



あっ!ほらアンパンマンやってるよ!!』


無理無理だが明るく振る舞おうとテレビを見出した晴奈




「お前何歳だよっ!」

成也を見るといつもの成也に戻っていた



『何言ってんの?!アンパンマン見るのに年齢制限なんかありませ~ん!』

舌を出して晴奈は成也に向かってアッカンベをする


「年齢制限はなくても
“対象年齢”ってゆうのがあんだよ!頭わり~な!」

勝ち誇ったような顔をする成也


『ばか!』

「バカはお前だっ」

『ハゲ!!』

「ハゲてねぇし」

『オカマ!!!』

「どこがだよっ!」

『わぁ~んっ泣』

「おもしれ~ヤツ笑」



いつのまにか
いつものこんな会話…










ねぇ成也



大好きだよ…

0
  • しおりをはさむ
  • 1504
  • 129
/ 455ページ
このページを編集する