teddy bear

12章 枕元のテディベア

次の日


晴奈が目を覚ますと

横にいるはずの成也がいない…







成也の姿と引き替えに





枕元には大きなテディベアが置いてあった…



携帯を開くとお母さんと聡くんから何回も着信がきている





嫌な予感がした…




あの歌の聞きすぎ?

と言われてもしょうがないのかもしれない





プルルル…

とりあえずお母さんに電話をかける



「もしもし?晴奈ちゃん?!」


そう言うお母さんの声はいつもと全然違っていて

電話の向こうでカタカタと震えているのがわかった

0
  • しおりをはさむ
  • 1498
  • 127
/ 455ページ
このページを編集する