teddy bear

3章 誰かの彼氏

『えっ?』

突然の告白に呆然とする晴奈


チャララ~チャララ~

“着信 塚本成也”



『…はい』


「晴奈??」

『うん』


「メ~ル見た?」

『…え』



「だから付き合って?」

『…冗談でしょ?』



「冗談じゃないし」

『え…イキナリ言われても…』

「ダメなの?」

『…考えさせて?』


「ん」




この日はこれで終わった



正直…付き合う気なんかまったくなかった





あっちもヘコみすぎておかしくなったんだと思った


それから成也からメールがくる事もなく
やっぱりおかしくなってたんだと思っていた


そしてまたいつものように過ごしていた


いままで途切れる事なく彼氏がいた晴奈だったけど今は2ヵ月くらいいない…


でも晴奈は彼氏がいなくても平気になっていた

友達がいたし
付き合って傷ついて…そんな事になるのがめんどくさかった

0
  • しおりをはさむ
  • 1483
  • 125
/ 455ページ
このページを編集する