Wedding March!【完】

第3章 /好き?

とある平日。
学生課窓口に彰良が来た。

「どうしたの?」

「絵梨子さんの顔見に来たんだよ。」

ニコニコと笑う彰良。
この前、大学内では話しかけないように言っておいたのに、それはないと思う。

「・・・どういうご用件ですか?」

わざと丁寧な言葉に言い直して問いかけてみる。

「あれバレちゃった。今日は和田さんに用事。」

舌をペロッと出しておどける彰良。
アタシが慌てるとでも思ったんだろうけど、その手には引っかかりません。

「和田課長?」

和田さんとはアタシの上司にあたる人である。
課長のデスクの方を見たが、そこには居ない。

「今、席外してるみたいだけど。」

「あれ?今日約束してたんだけどな。」

課長と約束?
なんで彰良が?

「高村君っ!」

窓口の反対側から急ぎ足で近づいてきた和田課長。

「ごめん、ごめん。ちょっと出かけてたもんだから。」

「いえ、今来たところですから。」

彰良と課長のやり取りを見て思う。
なんだ、彰良ってばちゃんと喋れるんじゃん。

「黛さん、応接使うからお茶お願いできるかな。」

「あ、はい。わかりました。」

0
  • しおりをはさむ
  • 278
  • 698
/ 292ページ
このページを編集する