龍神恋慕<リュウジンレンボ>(完)

11・龍王と渾沌と

スーがいない。


何故か理由も言わず紅龍と共に青龍の国へ行ってしまった。


何故だ?


どうして?


沸々と込み上げる苛立ち。


そして・・・持て余すこの熱。


私はただ側にいて欲しいだけなのに。


側にいてただ笑っていてくれたらそれだけでいいのに。


私はスーさえいれば他は何も望まない。


狂気をも含む執着心。


それは昔も今もずっと変わっていない。


スーのいない時間が淡々と流れる。


今の私は意味のない、色のない、息をしているのかさえ分からない。

0
  • しおりをはさむ
  • 29
  • 21
/ 311ページ
このページを編集する