龍神恋慕<リュウジンレンボ>(完)

12・笑顔に繋がる未来

今日は紅龍が来ない?


唯一翡翠を認め、気遣ってくれていた紅龍。


だがその回数も日に日に減りいつしか訪れなくなってしまった。


またしても孤独になってしまった。


甘い毒の充満した宮殿。


翡翠の味方はもう誰一人としていなくなった。

0
  • しおりをはさむ
  • 29
  • 21
/ 311ページ
このページを編集する