龍神恋慕<リュウジンレンボ>(完)

3・忍び寄る暗雲

ここは青龍の国。


この国は龍族の中で一番早く龍王に仕えた国である。


伝統を守る事にプライドを持っている国。


その為、代々王族から様々な特権を与えられている。


人間界と龍に国を繋ぐ役割もその一つ。


ここは人間界と龍族が行き来できる唯一場所でもあった。


その為、昔から巫女はここで選ばれてきた。


一年に一度。


巫女の候補が集めら儀式が行われる。

0
  • しおりをはさむ
  • 29
  • 21
/ 311ページ
このページを編集する