WORLD Ⅰ 【完】

WORLD /和玲の過去

「どこまで聞いた?」

「お父さんがお金で話を納めた…って…?」


「そうか」

和玲はハンドルをじっと見つめたまま話し始める。

「まだガキだった俺は、やりたい放題だった。女は勝手に寄ってくるし。けど、どこで何してたか分かんねぇ女は気持ち悪りぃ。だから、節操無かったわけじゃねぇ」

確かに寄ってくる者に好きに手を出していたら…それはそれで怖い。

「綾乃は同じ中学で…」






皆の憧れで、学校のマドンナ的存在だった綾乃。当時自分は中1、綾乃は中2。そんな綾乃に告白されて、2つ返事で付き合いだした。

綾乃は既に龍神に出入りしていて、龍神の上の人とも関わりがあった。その関係で和玲も龍神に入ったという。

無免許でバイクを乗り回し、親のお金で好き放題遊びまくっていた…


そこまで話した和玲は話を止めた。

私が眉間にシワを寄せ、悲壮な顔をしていた…から…だと思う。

でも、話には続きが有るはず。

「大丈夫。それで?」


と、先を促した。

0
  • しおりをはさむ
  • 560
  • 3056
/ 502ページ
このページを編集する