WORLD Ⅰ 【完】

WORLD

「翡麗さんも今日から新学期ですよね?」

「……」

「学校…行かないんですか?」


そう言いながら掴まれていた手を引き離し、翡麗の手を取り立たせようと引っ張る。


びくともしなかったけど…

「珈琲飲みたいんです。入れて下さい?」

何故か疑問系。と言うか不機嫌そうな雰囲気に強く言えない…


そりゃそうか。勝手に自分の部屋に入られたら。


「あの…すみません。お邪魔しました…」

と、部屋を出た。

0
  • しおりをはさむ
  • 576
  • 3119
/ 502ページ
このページを編集する