『南十字星〈サザンクロス〉』Ⅰ 【完】

第1章《卵》 /1話

見下ろした先に見える…神々しい輝き

その光が飛び散った様に見える街のネオン。

辺りを無造作に動いている光りは車か、バイクか。

それは華に集まる蜂のようにある場所に吸い寄せられていく。

そこは…この目の前に聳〈そび〉える大きな建物が放つ光りの巣。

ボーリング、カラオケ、クラブ、ゲーセン、バー、その他有りとあらゆる物が入り込んだビル。

その建物は4つ。

それがまるで十字架の様に東西南北に建ち、この街のシンボルとなっている。

誰が付けたのかその建物を

『南十字星〈サザンクロス〉』

と言う。



ある建物は、完全会員制で入館すら規制されると言う超高級店のみが入っているビル。

…何の店が入っているのかさえ知られていない。

ある建物は、若者をターゲットに低価格で、ありとあらゆる娯楽施設の集まったビル。

…小学生だけでも気軽に出入り出来るとか。

ある建物は、総合娯楽施設と言われ家族や、グループ、団体で遊ぶのに適した娯楽施設が入っているビル。

…嘘か本当か温泉からスケートリンクやプールまで…

ある建物はショッピングモールとなっていて、高級ブランドからカジュアルブランドまでありとあらゆる物が揃っている。

…その辺のデパートに肩を並べるとか。




私はまだ行ったことがない。

ここに住み始めて1年以上経つと言うのに。

いつもここから見てるだけ。

あの中に渦巻く人間模様を想像しながら。




あの目下〈もっか〉に聳〈そび〉える

『南十字星〈サザンクロス〉』

に…

  • しおりをはさむ
  • 191
  • 3157
/ 423ページ
このページを編集する