騎士~KNIGHT~ [完] 

第2章 /2話

「私って病気なの?」

窓の外に視線を向けたまま独り言の様に呟いた。





「病気じゃない」

「でも、おかしいよね」

「おかしくない」

「…蘭は何か知ってるの?」

「何かとは?」

「こうなった理由とか」

「何故?」

「病院に行っても、先生の話を聞くのはいつも蘭だけし」

「何もおかしいところは無かった」

「ほんとに?」

「あぁ」





私は少し体を動かして蘭の顔を見上げる。

じっと蘭の真っ黒の目を見詰めそして

「何かあったらちゃんと教えてくれる?」

と聞いた。

「あぁ」





その会話を聞いていた柊が切なそうな顔をしたのを私は知らない。







0
  • しおりをはさむ
  • 167
  • 3117
/ 554ページ
このページを編集する