騎士~KNIGHT~ [完] 

柊はどこまでも私には甘い。

目に見える優しさを溢れんばかりにくれる。

もう19歳だと言うのにまだ学生気分の抜けない私は、柊の大人な対応に内心ドキドキするときもある。






この時の私は、蘭の優しさと柊の優しさにどっぷりと浸かってて、その置かれてる環境が特殊だとか、与えられる優しさが当たり前になっていることに気づいていなかった。





そう。

当たり前になりすぎて、麻痺してしまっていることにすら気づいていなかった。





この後訪れる来客によって気付かされるまでは…

  • しおりをはさむ
  • 168
  • 3157
/ 554ページ
このページを編集する