騎士~KNIGHT~ [完] 

「ユリ」

この部屋で最初に言葉を発したのは柊だった。





私と出掛けた時に買ってきたものを持って後から部屋に入ってきた柊。

「愛李沙の荷物は部屋に入れといたよ」

と言いながら私の肩を抱きながらソファーへ座る。

蘭の隣には今柊が《ユリ》と呼んだ人が座っているから…

必然私は柊の隣に座る。





そして柊は私に

「外は暑かったね。何か飲んだ方がいい」

と言って冷蔵庫へ向かう。

「何がいい?」

「…何でも」

消えそうな声で何とか応える。

水のペットボトルを持って隣に座ると

「はい」

と私に差し出してくれる。

「…有難う」

受け取ってほんの少しだけ口にした。

「しっかり飲んどいた方がいい」

と、柊は勧めるけどそんな気分じゃない。



  • しおりをはさむ
  • 168
  • 3157
/ 554ページ
このページを編集する