騎士~KNIGHT~ [完] 

第3章 /3話

先に出た坂下について扉を出て驚いた。

ここはやはり地下だ。

倉庫?

床は荒いコンクリートの長い長い廊下。

壁にはいくつもの扉。

その壁もやはりコンクリート。

やはりコンクリートの天井には等間隔の蛍光灯が明るく照らしている。

何の映画だったかに、こういう建物を見たことがある。

アレは確かホラー映画だった気がしたけど…





その壁や床には何やら得たいの知れない汚れが沢山ついていて、お世辞でも綺麗だとは思えなかった。

回りにある扉は先程居たところと同じ鉄の扉。

高いところに通風の為のものだろう、縦10㎝程に横50㎝の細かい格子の入った通風口らしきものが等間隔に並んでいる。

あぁ、これが部屋から見た扉の上の通風口の裏側だったのかと納得した。

やはりどんなに頑張っても人は通れそうにない。




0
  • しおりをはさむ
  • 165
  • 3090
/ 554ページ
このページを編集する