騎士~KNIGHT~ [完] 

第1章 /5話

「…ん…」

眩しさで目がチカチカして目が開けられない。

いや、違う。

何だか目に違和感があって…目が開かない。

開けにくいと言うべきか。





それでも無理矢理こじ開けた目は腫れぼったさを感じながらもちゃんと開けることができた。

「…」

そして目を開いた光景は…

見知らぬ場所…。





だけど、着ているパジャマは自分の見覚えの有るものだし…部屋の中に置いてあるものも、家具こそ違うけど見慣れた物ばかりだった。

「?」

ベッドに座ってみたけど、このベッドもやはり見覚えはない。

記憶を辿って…

「あ…」

甦った記憶に胸が張り裂けそうになった。

「…あぁ…」




0
  • しおりをはさむ
  • 165
  • 3094
/ 554ページ
このページを編集する