Fight marriage Ⅰ 【完】

第3章 /3話

すぐにシャワーを浴びて自分の部屋のソファーに深く座った。

ぼうっとしていた時間も考え事をしていた時間も変わらず同じように過ぎていく。





ふと先日持って帰ってきた編み物の道具を取りだし、思い付くままには編み棒を動かした。

この時間は好き。

無心にもなれるし、逆に色んな事を考えるにも、何故か冷静にそして集中して考えられる。





元々はお婆様に教わった編み物。

お婆様が編むレース編みに心引かれた。

何よりも…

編み物をしているお婆様がとても好きだった。

楽しそうに。

幸せそうに。

そしてその姿は優雅で綺麗だった。

軍人から伯爵になったお爺様。

そこには本当に苦労があったと思う。

それでもお婆様と一緒に居ることを選んだお爺様。





クス…





お婆様愛されてたんだなぁ…。







0
  • しおりをはさむ
  • 718
  • 3094
/ 359ページ
このページを編集する